Rennosuke Fukuda

福田 廉之介

Rennosuke Fukuda

ヴァイオリン

Violin

300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png

1999年岡山県生まれ。2013年クロスター・シェンタール国際バイオリンコンクールジュニア部門優勝。併せてヴィルトオーゾ賞、21歳までの全部門出場者中の最高得点奏者に贈られるForderpreis賞を受賞。

2014年ユーディ・メニューイン国際コンクールジュニア部門優勝。

2017年ヴァルセシア・ムジカ国際ヴァイオリンコンクール優勝。ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール3位。

2018年ハノーファー国際コンクール4位。


7 歳より大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、関西フィルハ ーモニー管弦楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、モスクワフィルハーモニー管弦楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ルーマニア国立放送管弦楽団、北チェコフィルハーモニー管弦楽団など多数のオーケストラと共演。これまでにジャンカルロ・ゲレーロ、Dmitri Jurowski、山田和樹、飯森範親、金聖響、 円光寺雅彦ほか著名指揮者と共演。


2010、2013年、岡山県芸術文化賞準グランプリ、2014年、赤磐市長特別奨励賞を授与される。2017年、世界で活躍する若手ヴァイオリニストに贈られるIvry Gitlis Prix(イヴリー・ギトリス賞)を受賞。同年、スイスのRahn Kulturfondsから奨学金を授与される。

2019、2020年度、スイスMigros奨学生。

2021年、山陽新聞奨励賞受賞。


シオン音楽学校、ローザンヌ高等音楽院を首席で卒業。

これまでに、河野園子、工藤千博、小栗まち絵、漆原啓子、パヴェル・ヴェルニコフ、スヴェトラーナ・マカロバの各氏に師事。

現在、ローザンヌ高等音楽院修士課程にて、ジャニーヌ・ヤンセン氏に師事。


2020年、一般社団法人The MOSTを立ち上げ理事長を務める。

使用楽器は1773年製ニコロ・ガリアーノ。