Matthew Law

ロー 磨秀

Matthew Law

ピアノ / シンガーソングライター

Piano / Singer-songwriter

300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png

2021.09.10(金)

START 19:00〜

王子ホール

SEVEN STARS シリーズ「The Pianist」

桐朋高等学校音楽科に特待生として入学し、ピアノ科を首席で卒業した後、桐朋学園大学音楽学部を経て渡仏。パリ国立高等音楽院のピアノ科および修士課程を、審査員満場一致の最優秀および首席で卒業。


数多くのコンクール歴を持ち、2012年には第8回ルーマニア国際音楽コンクールで第1位とグランプリ(最優秀賞)を受賞した。


また、2015年第1回デュオ・ハヤシ・コンクールで第1位を獲得したほか、日本国内では、2006年第60回全日本学生音楽コンクール東京大会・全国大会第1位、2007年第3回PTNA福田靖子賞(第1位)受賞、2009年第33回PTNAピアノ・コンクール特級銅賞および聴衆賞を受賞した。


ヨーロッパ各地でリサイタルを開催しており、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン丸の内コンサートにも出演するなど、幅広い活動を行っている。


また、作曲家の三瀬和朗による個展「三瀬和朗作品の夕べ」では初演を含む作品を演奏し、オクタヴィア/エクストンより当公演の録音が『三瀬和朗:作品集』としてリリースされ、高評を得る。


室内楽ではこれまでに、篠崎史紀、木越洋、伊藤悠貴、弓新、正戸里佳、上野星矢、吉田誠等と共演している。


ピアノを勝又浅子、今泉統子、高良芳枝、二宮裕子、ジャック・ルヴィエ、オルタンス・カルティエ=ブレッソン、フェルナンド・ロッサーノに師事。


また、シンガーソングライターとしての一面を持ち、自身の作品を披露し人気を集めており、メディアへの楽曲提供なども行っている。


2019年12月にPOPS配信シングル「Want Money / Last Song」と同時に、クラシックピアノ「月の光/Toccatina(カプースチン)」をリリースし、サブスクのプレイリストに複数入り注目集めている。


2020年6月にはPOPSアルバム「LOST2」、7月にはクラシックのフルアルバム「Mélangé」を配信リリースし注目を集めている。