top of page
DOS DEL FIDDLES

ドス・デル・フィドル

DOS DEL FIDDLES

ヴァイオリン・デュオ

Violin Duo

300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png
300×300.png

コワモテなビジュアルと、繊細さと情熱を兼ね備えた演奏でカリスマ的人気を誇る石田泰尚と、国内各地のオーケストラにゲストコンサートマスターとしても引っ張りだこの若きリーダー﨑谷直人。

スーパー・ヴァイオリニスト2人による最強ユニットが登場!


・・・・・


石田泰尚(ヴァイオリン)Yasunao Ishida


国立音楽大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。

新星日本交響楽団コンサートマスターを経て、2001年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。以来“神奈川フィルの顔”となり現在は首席ソロ・コンサートマスターとしてその重責を担っている。

これまでに神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。

結成時から参加するYAMATO String Quartet、自身がプロデュースした男性奏者のみの弦楽アンサンブル”石田組“など様々なユニットでも独特の輝きを見せる 。

2020年4月より京都市交響楽団特別客演コンサートマスターを兼任。

最新アルバムは2021年12 月リリースされた“PIAZZOLA LIVE ”。 

2022年6月に初の著書となる「音楽家である前に、人間であれ!」を刊行。

使用楽器は 1690 年製G.Tononi、 1726 年製 M.Goffriller。


・・・・・


﨑谷直人(ヴァイオリン)Naoto Sakiya


ケルン音大、パリ音楽院、桐朋学園ソリストディプロマを経て、バーゼル音楽院修了。

ノボシビルスク国際コンクール1位、メニューイン国際コンクール3位。

2006年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。2008年ミュンヘンARD国際コンクール弦楽四重奏部門、2011年大阪国際室内楽コンクール各3位。

日本センチュリー交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団ほか国内主要オーケストラに客演コンサートマスターとして多数出演。

2014年から8年間、神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロコンサートマスターを務める。

ウェールズ弦楽四重奏団 第一ヴァイオリン奏者。

bottom of page